ツライ関節痛、まだ我慢していませんか?

風邪などに比べて、関節の痛みはしばしば放ったらかしにしがちです。歩き初めや立ち上がる際にすこし違和感を覚えても、それをそのまま関節痛だと思える人はそうそういないものです。 一般的に、関節痛は加齢とともに現れてくる症状です。詳しいメカニズムは別項で述べるとして、自覚症状が遅れがちになる原因が、つまりここにあります。

ようするに、これまで、なにも違和感を覚えず歩いてきた、という自負が早期の自覚を遅らせてしまうのです。 さて、我慢しがちな関節痛へ警鐘を鳴らすとともに、つい最近発見された新しい成分をご紹介する……、本サイトの概要をご説明すると、こんな感じでしょうか。

そして、なにを隠そう、その新しい成分こそが、タイトルにある「アイハ」なのです。 医師になって2年のまだまだ未熟者の僕ですが、医療に携わるようになってはじめて、得体の知れない期待感のようなものをこのアイハに抱いています。 自分のこの感覚が正しいのかそうでないのかは、時間が解決してくれるでしょうが、いまはただ、この新しい光に向かってただ進むのみです。

では、頼りないのは覚悟の上で、新米医師がお送りするアイハと関節痛についてのお話を、しばらくご堪能ください。 どうか、お手柔らかに……w